保存から解凍そして調理まで!冷凍した牛肉コロッケの美味しい食べ方などを紹介します!

このサイトでは、国民食として名高い牛肉コロッケの保存から解凍、そして調理まで網羅をした情報を発信していきます。
コロッケは簡単な調理で作ることが出来、お年寄りから幼いお子さんまでもが好物に挙げられるものです。
食べ方もさまざまな趣向を凝らすことも出来、各家庭で異なった味で作られる場合もあるでしょう。
どんな食し方が良いのかも触れていくので、これから作ってみようという方の参考にしていただければ、幸いです。

保存から解凍そして調理まで!冷凍した牛肉コロッケの美味しい食べ方などを紹介します!

牛肉コロッケは使用する材料が多い分、作り置きをすることも可能です。
保存をする際はジッパーの袋に一個ずついれて冷凍をしていけば、食べる時に簡単に解凍をすることができます。
牛肉コロッケはそのまま油で揚げて食べるほか、少しアレンジを聞かせた食べ方も可能です。
おすすめなのが牛肉コロッケグラタンで、解凍をせずにそのままお皿に乗せてチーズをかけてオーブンレンジで20分加熱をするのみです。
お洒落で美味しい料理に大変身をします。

鮮度!風味!そして使い勝手が抜群にいい!冷凍した牛肉コロッケにはメリットがいっぱい!

冷凍した牛肉コロッケには数多くのメリットがあります。
鮮度が良いことも、冷凍した牛肉コロッケのメリットです。
鮮度が良いのは、凍らせた状態で保存しているからです。
肉を使用した料理の場合には特に、高い温度で保管をしていると鮮度が落ちてしまうことが多いですが、コロッケを凍らせて保存しておけば、長期間にわたって新鮮さを保つことができます。
風味が良いことも、冷凍をした牛肉コロッケの特徴です。
風味が保たれていることも、凍らせた状態で保管をしていることと、大きく関係しています。
凍らせて保存をしておくことで、食品の状態を長期間維持しやすくなるので、風味もそのまま残すことができます。
使い勝手が抜群に良いことも、冷凍した牛肉コロッケの大きな利点です。
ネットショップなどで大量に購入した場合でも、冷凍された状態のものならば、簡単に長期間の保存ができます。
食べたくなった時に解凍して使えば良いので、一人暮らしをしている人にもおすすめです。

そもそも牛肉コロッケとは何?基本的なあれこれを知ろう!

子供から大人まで、多くの方が好きな料理だと言われるのが牛肉コロッケです。
コロッケの歴史は非常に古く、明治4年にはじめて横浜で誕生しました。
当初はイギリスで食べられていたフィッシュフライを模していましたが、まだこの頃は魚が高級でした。
その代わり多くの地域で栽培をされていたジャガイモを食材にして作ったのが始まりです。
初めの頃はジャガイモのみしか使っていませんでしたが、大正時代になると牛肉のミンチを含ませた牛肉コロッケが誕生します。
簡単にここで、牛肉コロッケの基本的なあれこれを知っていきましょう。
まず牛肉コロッケというと、今では庶民の食べ物と言われています。
しかし、大正から昭和の中期ごろまでは高級ホテルのレストランでしか出されていませんでした。
和牛を用いたミンチを使うこともさることながら、フライという洋食であったために気軽に食べられるものではなかったわけです。
大衆に広まったのは1970年代後半からです。

和牛コロッケを徹底的に極めるなら食材に高級和牛を!その特徴や理由を紹介!

和牛コロッケを徹底的に極めたい場合には、使用する食材にこだわることが重要なポイントです。
同じようにじゃがいもや国産牛を材料として使用しているコロッケでも、どのような材料を使用するかで、完成したものの味わいも大きな違いが出ます。
クオリティの高い和牛コロッケを食べたい時におすすめできるのは、高級和牛を材料に使用しているものです。
このタイプの商品には、他の種類にはない独自の特徴があります。
肉がやわらかいことも、高級和牛を使用した和牛コロッケの特徴です。
国産牛の中でも高級和牛と言われるタイプのものは、肉が霜降りの状態になっているものも多いため、口の中に入れた時に力をあまり入れなくても、簡単にかみ切ることができます。
こうしたやわらかい肉はコロッケの材料としても使用しやすく、じゃがいもの美味しさと肉のやわらかさを両方とも楽しめるところが、おすすめできる理由です。
肉そのものの味が非常に良いことも、高級和牛を使用した和牛コロッケの魅力です。

美味しさを保つには揚げる前?それとも後?和牛コロッケを冷凍するタイミングはこれ!

和牛コロッケが一般家庭で大人気となっているのは、手軽な調理で美味しく食べられる以外ににも理由があります。
それは和牛コロッケは調理をしたあとに冷凍をして長期保存が可能な点です。
ここでは、もっとも美味しく冷凍をして保存ができるタイミングをご紹介していきましょう。
そのタイミングとは、油で揚げた約5分間の間に、ジッパーに入れて急速冷凍をすることです。
それ以外の時間にすると、脂分がにじみ出てしまうため、凍らせると非常にベタベタとします。
また水分を多く含むので解凍後に水っぽいという経験をなさったこともあるでしょう。
それらを防ぐには、揚げたてをいかにして素早く冷凍をするのかです。
まず家庭の場合、おひとりで調理をすることが大半なので、一気にまとめて和牛コロッケを作ろうと思うものです。
そこから変えていくことが大切になります。
1個ずつ丁寧に調理をおこない、凍らせる際も1個ずつラップに包むようにすれば美味しさを閉じ込められます。

著者:飯塚欣一

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
経営する肉屋のコロッケが美味しいと地元で評判に!牛肉コロッケの魅力を伝えるコラムを書いています。
和牛コロッケの通販はこちら